医師の時間外労働上限規制

 2024年4月(令和6年)の 医師に対する時間外労働の上限規制の適用開始に向け、医療機関からご相談をいただき、現在資料を作成しています。

 3年先なので時間があるとは思いますが、組織的にコンセンサスを取る必要がありますので、早めに取り組んで、上手くいかない箇所は早期に対応策を考え、策を講じる必要があります。

 まだまだ流動的な部分や詳細が固まっていない。とはいえ時間は過ぎていきます。

 来年度から「医療機関勤務環境評価センターによる第三者評価」が始まり「都道府県による特例水準医療機関の指定」があります。

 自分の医療機関がどの水準にあたるのかを把握したうえで、取り組みましょう。 

 

医師の時間外労働上限規制とは  医療法改正 2024年

 医師に対する時間外労働の上限規制の適用開始(令和6年4月1日)に向け、次の措置を講じる。

・ 勤務する医師が長時間労働となる医療機関における医師労働時間短縮計画の作成

・ 地域医療の確保や集中的な研修実施の観点から、やむを得ず高い上限時間を適用する医療機関を都道府県知事が指定する制度の創設

・ 当該医療機関における健康確保措置面接指導、連続勤務時間制限、勤務間インターバル規制等)の実施 等

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + one =